このエントリーをはてなブックマークに追加

気づきにくい病気です

食事

自分でできる治療法です

糖尿病は血糖値が高くなる病気で、すい臓で分泌され血糖値を下げるホルモンであるインスリンが、正常に作用しないために起こります。この病気では初期に自覚症状が出ないことが多いのですが、前兆として疲れやすさが生じたり、他の病気の検査や治療中に見つかることもあります。そして病気が進むと、喉がかわきやすくなったり、尿の量が増えたり、体重が減るなどの症状が出ますが、できればこれらの症状に気づく前に糖尿病を発見することが大切です。糖尿病の治療は、食事療法と運動療法が中心となりますが、この2つの場合は自分で行うことができ、副作用の心配がないので、患者も抵抗なく受け入れやすいと言えます。なお、食事療法ではカロリーを抑えたバランスの良い食事を摂ることが重要です。

予防にも効果があります

糖尿病では初期の症状が出にくいために、定期検査を行うと同時に、普段からこの病気を予防するような生活を送ることが必要となってきます。そして、この病気の治療として行われる食事療法と運動療法には、糖尿病の原因を抑えるという効果もあるので、治療だけでなく予防にも使うことができます。食事療法の場合は、インスリンを分泌するすい臓に負担をかけないということが可能ですし、運動療法では低下したインスリンの活動を活発にすることを目指しています。食事だけでは心もとないという人は、クレアチンやベルベリンという成分を含むサプリメントを飲むと良いでしょう。薬ではないので、副作用の心配をする必要もなく、病状に関わらず飲むことができます。心配な場合は医師に相談することが大切です。クレアチンは筋トレに利用するサプリメントとしても有名で、サプリメントを供給する会社で多く販売されています。そのため気軽に手に入れることができます。